40代未経験転職を成功させるための求人サイトランキング

 当サイトへようこそお越しくださいました。

 

 40代で未経験の分野へ転職と聞くと、「無謀」、「キャリアを捨てる」など難しいイメージをお持ちかもしれません。けれど、未経験の分野でも今までの職種のキャリアが活かせる職もあることをご存じですか?

 

 この度、未経験の分野にチャレンジされた40代の方を対象にアンケートを行いました。その結果を是非あなたのチャレンジにも活かして下さい。


転職に関するアンケート詳細

 

リクナビNEXT[転職者支持率No1]
詳細
★★★★★
40代で初めて転職する場合には、匿名でスカウト登録しておくと、自分では検索できなかったような企業や求人と出会えることもあり、考えもしなかったキャリアが開ける可能性があります。匿名でレジュメ登録しておくと、スカウトレポートや自分のレジュメが企業に検索された回数まで知ることができます。自分のキャリアがどれぐらいの注目を集めているというスカウトランキングを見ることで、転職市場での自分の相対的な位置づけを知る ことができます。
利用者の声
良かった
転職サイトは3サイト登録しましたが、私に合った求人が多く載っているのがリクナビNEXTでした。新着求人は毎週水曜日の更新ですが、転職活動中は毎週欠かさずチェックしていました。仕事探しならリクナビNEXTは外せないですね。
良かった
地元に戻るため退職することになり、引き継ぎ作業をしながら仕事を探してました。リクナビNEXTは東京などの首都圏ばかりかと思ってましたが、地方の求人も多く参考になりました。まだ納得できる仕事には出会えてませんが、地道に仕事探しを続けたいと思います。
良かった
40代の転職は難しいと言われましたが、私の場合は2ヶ月弱で新しい仕事を見つけることができました。タイミングが良かったのでしょうが、リクナビNEXTには大変お世話になりました。
普通
一人で転職活動を続けていると、どうしてもモチベーションが続かないものですが、リクナビNEXTの中のマイページに「あなたと似たの人の採用例」などを読んで、ヤル気を無理やり作り出していました。あと目安応募数に達するよう、自分でも応募できる求人を血眼で探していました。
普通
担当者がつく求人エージェントが苦手なため転職サイトのみを利用していたが、その中でもリクナビNEXTは求人が多く情報量が多いサイトではあった。しかしここは利用者が多いためか書類選考に残るのが大変なように感じた。結局のところ、ほかの転職サイトに掲載されていた小さな企業に拾ってもらった。

リクルートエージェント[30万以上の転職成功実績]
詳細
★★★★
40代の転職では、応募できる求人が少ないため、現在募集していない企業の求人でも企業に打診してくれることがあります。求人紹介から面接調整、求人票にない企業情報など内定がでるまでさまざまなフォローをしてくれます。40代で初めて転職する場合、 年収交渉や入社時期の交渉は、自分では言い出しにくい要望も代理で交渉してくれます。
利用者の声
良かった
40代が納得のいく転職をしようと思うなら、プロのサポートは不可欠だ。私がリクルートエージェントを選んだのも、古くから就職関連の事業を行っており、さまざまな企業とのつながりが深いことに期待してのことだった。その予想通り、非公開求人で、同業他社の新規事業の立ち上げの求人を紹介され、応募の準備を進めている。エージェントレポートを通じて、選考基準や求める人物像が理解できたので、自分の強みをアピールして、内定につなげたいと思う。
良かった
勤務先に不満はないのですが、業績が緩やかに下降しているので、独身の私は早いうちに安定した会社に転職したいと考えていました。これまでのキャリアを活かせるだけでなく、自分も成長できる仕事に就きたいと考え、キャリアアドバイザーの方の勧めの通り、異業種転職の道を選びました。秘書として働いた経験を活かして、専門学校でビジネスマナーを教える講師の仕事を始めます。これから生活がどう変わるのか、とても楽しみです。
普通
リクルートエージェントでキャリアアドバイザーとのカウンセリングを行うと、「面接力向上セミナー」に参加することができます。ビジネスマナーは体得しているつもりでしたが、企業の採用担当者をシミュレーションしたことで、チェックポイントのズレを自覚できました。また、自信を持って面接に臨むことと、横柄に見えることが紙一重であることにも気づき、参加してよかったと思う反面、自分の面接応対に自信をなくしています…。

DODA[オリコン満足度一位の実績]
詳細
★★★★
リクルートグループ・マイナビグループと争う、転職業界でも大手に位置するインテリジェンスの転職サイト。スカウト機能とキャリアアドバイザーの転職支援、どちらにも対応したオールインワンなサービスです。
利用者の声
良かった
使い勝手は悪く無いです。ここだけでも他の転職サイトにある機能は大体揃っているのであちこち登録するのが面倒な人にはおすすめかもしれないですね。

ビズリーチ[転職コンシェルジュが対応]
詳細
★★★★
転職サイトのビズリーチは、高収入向けの会員制転職サイトです。約30万人という日本最大級の会員数で、管理職や専門職、海外事業などで活躍する、グローバルな人材のさらなる選択肢を提供してくれます。

キャリアカーバー[750万円以上の年収を目指す方へ]
詳細
★★★★
キャリアカーバーはリクルートキャリアが提供している転職サイトです。管理職などのエグゼクティブ向け転職者を対象にしており、高年収を狙っている方は必見です。詳細な求人情報やヘッドハンター検索、レジュメ登録は会員登録すると閲覧できるようになります。
利用者の声
良かった
40代にもなって下手な転職はできませんからね、やはり狙うのは年収アップ。ここのように最初から高めの求人をまとめてくれているとこちらとしても探しやすくて助かります。
良かった
リクルートグループかマイナビグループ、どちらのサービスを使うかと行ったら私はリクルート派。普段リクナビNEXTも利用しているんでね。ここは特別機能が多いわけではないが、それがシンプルで良い。質のいい求人を閲覧できればそれでいいのだ。

マイナビエージェント[満足度96.4%の高評価!]
詳細
★★★★
リクルートエージェントが万能型ならこちらは特化型。各業界ごとに特化したコンサルタントを持つエージェントサービス。丁寧で質の高いサポートが評判で、満足度96.4%を記録しています。
利用者の声
良かった
40代で転職をするからには、自分も家族も納得できるものにしたかった。マイナビエージェントなら歴史が古く、企業とのパイプも太いので、希望条件に合った求人を探してくれると思って登録。業界専任制のキャリアコンサルタントと、転職市場の動向と自分が持つスキルとノウハウをすり合わせたうえで、マッチする求人が探せるのが、最大の魅力だと思う。自分は異業種への転職を果たしたのだが、自分にはない選択肢を提示してくれた、キャリアコンサルタントのおかげで、やりがいのある仕事に出会えた。
良かった
40代までがむしゃらに働いてきたが、振り返ったときに、誇れる仕事があるとは言い難かった。マイナビエージェントに登録したのは、ビジネスマンとして、誇れる仕事ができる転職を実現したかったからだ。非公開求人や独占求人が豊富だし、キャリアコンサルタントは自分の志向性を把握してくれての紹介なら、ミスマッチがない。自分も希望通りの転職ができた。
普通
マイナビエージェントには、40代の転職でも、キャリアアップを目指すことができる求人があります。ですが、その大半は男性向けのものだと感じています。担当のキャリアコンサルタントの方が、この年齢まで管理職経験のない私では難しいとジャッジしているせいかもしれませんが、応募しなければ、採否はわからないと思うのです。40代の女性でも、納得できる転職をしたい気持ちは同じなので、同年齢の女性に担当してほしいと思います。

 




40代で未経験の仕事をしたい方におすすめコンテツ

 

 


未経験者の転職者はいるか

 

 40代で未経験への職種へ転職するというのは、とても勇気がいることですし、不安も非常に大きいものとなるでしょう。その不安を少しでも和らげておくためには、面接時の面接官への質問がとても大切なものとなってくるはずです。

 

 まず、未経験者であり、且つ、転職者はいるのかどうかを確認してみましょう。つまり、自分と同じ立場の人がどれだけいるのか、またはいないのかを確かめておくのです。

 

 もしいれば、それは自分にとっての安心感となるはず。また、それを確認することで、「確かに同じような境遇の人がいるから、不適格者であるわけではない」と面接官に思わせることもできるかもしれません。

 

 

前職の経験の中で活かせそうなこと

 

 これから未経験のことに挑戦するとは言っても、40代になるまでに経験したことは無駄にはならないはずです。これまでの自分の経験をどう活かすことができるのか、それを面接官がどう考えているのかも聞いてみましょう。

 

 全くない、と厳しい意見を浴びせてくる面接官はいないと思いますが、面接官からの回答でそれに近いものを感じたのであれば、転職活動プランに何らかの修正を加える必要があるかもしれません。

 

 もし具体的に「この経験が活かせる」と指摘されたら、それを最後のアピールとして活用してください。

 

 

自分と同じ年齢の時の境遇

 

 面接時の逆質問、つまり、応募者側が面接官に色々と質問できる機会では、面接官本人のことについて尋ねるといいと言われることがあります。

 

 「40代の時に何をしていたか、何を考えながら仕事をしていたか」と尋ねてみてはどうでしょうか。面接官が同年代なのであれば、今まさに何を考えているのかを尋ねてみましょう。

 

 自分のことを見つめ直すための質問になります。その会社で働く人はどういった意識を持っているのかを知ることもできます。アピールに活用したいなら、面接官からの答えに対してさらに質問できるような準備をしておくといいでしょう。

精神面を求める企業

 

 ブラック企業を見分けるために、注意深くありましょう。40代の方も他人事ではありません。ブラック企業に入社してしまう恐れがあると認識し、そうならないような対策を事前に立てておかなければならないのです。

 

 転職希望者に精神面を強く求める企業は、かなりの確率でブラック企業です。転職希望者には普通、知識や技術、あるいはそうしたものを含めた経験などを求めるもの。

 

 そうではなく、求人でも面接でもホームページでも精神面を求め、それを全面に押し出してくる企業は、経験云々よりも精神面の強い人からの応募を望んでおり、それによって過酷な労働条件を耐え抜いてもらおうという考えがあると思われます。

 

 

離職率はできる限りチェック

 

 今ではインターネット等で各社の離職率をチェックすることも可能になってきています。全ての会社のチェックはさすがに厳しいですが、応募するつもりの企業の離職率が載っていないかどうかはチェックしておくべきでしょう。

 

 大事なのは離職の数ではなく率。大きな企業であれば離職数もかなり多くなると考えられるので、離職率によってブラック企業かそうではないかを判断するようにしてください。

 

 ただ、あまりこの数字に敏感になり過ぎて、最も離職率が低い会社と比べようとし、少しでも数字が高めだとブラック企業であるなどと判断してはいけません。
 あくまでも企業全体で比較し、また、業種・職種も考慮した上で判断することが求められます。

 

 

“未経験大歓迎”なのに給与が高い

 実際に応募する前に、もうひとつブラック企業か否かを見分けるためのポイントを知っておきましょう。

 

 求人に“未経験者大歓迎”と書いてある場合、どの程度の給与なのかを必ずチェックし、そこに違和感がないかを確認しておいてください。

 

 未経験者を大歓迎しているにもかかわらず、給与が非常に高い場合には、これもブラック企業であることを疑わざるを得ません。そんなオイシイ話は世の中に転がっていないからです。

 

 経験者なら経験者なりの、未経験者なら未経験者なりの給与水準というものがあります。その範囲を極端に超えていないかを見れば、ブラック企業かどうかも見分けられるはずです。

 

<関連記事>

離職後、すぐに職が見つかるとは限りません

 

 確かに、在職中に転職活動をするとなると、時間の制約が気になり動きにくいと感じるかもしれません。しかし、離職後にすぐに次の職場が見つかるなんて、そんな楽なものではないのが転職というもの。

 

 しかも、あなたはこれまでのキャリアとは異なる仕事を探そうとしているはず。未経験の人が転職をするというのは、経験者が転職するのと比べればはるかに困難でしょう。もしかしたら何年も次の職場が見つからないままかもしれません。

 

 となると、離職後であればよほどの妥協が必要となり、自分で自分の首を絞めるような転職にもなりかねないのです。

 

じっくりと仕事を探せるのは在職中

 

 時間が豊富にあれば、じっくりと仕事を探せるとは限りません。それも転職の罠のようなもの。在職中は時間がない、その感覚を持っていると痛い目に遭います。

 

 在職中であれば仕事を失うことがないので、その分、プライベートの時間を削りながらではありますが、じっくりと正しい目によって企業の選別等を行うことができるはず。

 

 未経験の分野に飛び込むのであれば、自分に何が合っているのか、本当にそれが自分に合っているのかなどを考えなければなりませんが、退職後にそれを考えようと思っても、仕事をしていないという状況が自らを追い込み、合っている・合っていないという判断を鈍らせる可能性があるのです。

 

 じっくりと仕事を探すことができ、且つ、正しい判断ができるのは明らかに在職中。間違いないでしょう。

 

確実性を求めるなら在職中なんです

 

 以上のことから、確実性を求めるのであれば在職中の転職活動に軍配が上がることがわかります。

 

 転職活動を経験する前は、みな、離職してからの方が活動がしやすいと思うもの。しかし、実際に転職活動を経験した人は、そのほとんどが、「在職中に活動を始めておけばよかった」とか、「在職中に転職先を決めてしまえばよかった」などと思うものなのです。

 

 転職に失敗したくないなら、とりあえず離職前に活動を始め、その状況次第で再び離職するかどうかを検討してみてはどうでしょうか。

 

 

関連記事


 
TOP 40代の転職スケジュール おすすめ転職サイト