40代がする自己紹介

どのように自己紹介をするか

 自己紹介は自分という人間を相手に伝えるための最初の儀式であり面接においても大事な場面となります。

 

 40代の人によってはしばらく自己紹介というものをしたことがないのでどうやっていけばいいか分からないということもあるでしょう。

 

 自己紹介は自己紹介です。早い話が「相手に伝えたい自分の情報」を言うものです。

 

 技術や経験のアピールについては自己PRの方で言うことになりますが、こちらは単純に簡単な情報を伝えるだけのものなので、自分が何を相手に伝えたいかを考えて内容を作っていきましょう。

 

 

長すぎないように

 40代となると自己紹介において語りたいことも多く出てくることでしょう。

 

 しかし自己紹介は確かに自分の情報を相手に伝えるものでもありますが、それは違った視点から見ると自分の情報「だけ」を言う場面になります。

 

 そうなれば長々となってくると聞く相手としてはうんざりしてくることになるでしょう。特に人に指示を出す立場だった人はその性質上、やたらと話しが長くなりがちとなってしまいます。

 

 自己紹介の文章を作成した後、その長さが適切かどうか、具体的には1分前後で終わるかどうか確認して追加したり削ったりしていきましょう。

 

 

関連記事

 

 


 
TOP 40代の転職スケジュール おすすめ転職サイト