40代が面接で語る志望動機は

語るべきは「前向き」と「貢献」

 基本的には志望動機はどの世代でもその企業で自分の意欲と興味を惹いたことと自分のスキルと経験を合わせた内容を答えることになります。40代の場合にはその内容の中に「前向きさ」を入れた方がいいでしょう。

 

 高齢になったとしても前向きに意欲的な人間の方が企業としては消極的で保守的な人間よりも採用したいと思うものですから。また転職で入るのなら当然企業としては即戦力を期待していることになります。

 

 ということは志望動機の内容にその企業の求めているものと合わせて「これならここに貢献できるから」というような内容を加えれば相手にも説得力のあるものとなります。

 

 

理路整然と

 前向きさは大事ですが、それと同時に40代だからこそ論理的な内容にすることも大事です。

 

 若ければある程度抽象的でも許される部分はありますが、40代となってそのような内容だと相手にも仕事に対して不安を与えてしまうからです。

 

 相手に疑問が生まれないような志望動機になるように、自分で作成した文章を見ていって疑問や「ん?」と思うようなところがなくなるまで手直しをしていきましょう。

 

 場合によっては面接前に誰かに見てもらって、どこが分かりにくいかというところを指摘してもらうのも手です。

 

 

関連記事

 

 


 
TOP 40代の転職スケジュール おすすめ転職サイト