面接官にはこれを確認!未経験への転職を目指すなら要チェック!

未経験者の転職者はいるか

 

 40代で未経験への職種へ転職するというのは、とても勇気がいることですし、不安も非常に大きいものとなるでしょう。その不安を少しでも和らげておくためには、面接時の面接官への質問がとても大切なものとなってくるはずです。

 

 まず、未経験者であり、且つ、転職者はいるのかどうかを確認してみましょう。つまり、自分と同じ立場の人がどれだけいるのか、またはいないのかを確かめておくのです。

 

 もしいれば、それは自分にとっての安心感となるはず。また、それを確認することで、「確かに同じような境遇の人がいるから、不適格者であるわけではない」と面接官に思わせることもできるかもしれません。

 

 

前職の経験の中で活かせそうなこと

 

 これから未経験のことに挑戦するとは言っても、40代になるまでに経験したことは無駄にはならないはずです。これまでの自分の経験をどう活かすことができるのか、それを面接官がどう考えているのかも聞いてみましょう。

 

 全くない、と厳しい意見を浴びせてくる面接官はいないと思いますが、面接官からの回答でそれに近いものを感じたのであれば、転職活動プランに何らかの修正を加える必要があるかもしれません。

 

 もし具体的に「この経験が活かせる」と指摘されたら、それを最後のアピールとして活用してください。

 

 

自分と同じ年齢の時の境遇

 

 面接時の逆質問、つまり、応募者側が面接官に色々と質問できる機会では、面接官本人のことについて尋ねるといいと言われることがあります。

 

 「40代の時に何をしていたか、何を考えながら仕事をしていたか」と尋ねてみてはどうでしょうか。面接官が同年代なのであれば、今まさに何を考えているのかを尋ねてみましょう。

 

 自分のことを見つめ直すための質問になります。その会社で働く人はどういった意識を持っているのかを知ることもできます。アピールに活用したいなら、面接官からの答えに対してさらに質問できるような準備をしておくといいでしょう。


 
TOP 40代の転職スケジュール おすすめ転職サイト