新しく入社する時の挨拶の仕方は

余計なことは言わず簡素に

 入社をすれば当然その企業で働いている社員達に挨拶をしていくことになります。ここでの挨拶の仕方1つで第一印象が変わるため、相手に悪い印象をもたれない挨拶にしたいところです。

 

 そのためには挨拶自体は簡素なものにしましょう。というのも余計なことを言おうとすると長々としたものになってしまうだけでなく、相手が若い人間の場合だと無意識に下に見る発言をしてしまいがちです。

 

 だからこそ悪い印象を持たせないためには簡単に挨拶をすればいいでしょう。

 

 

言葉は大丈夫か

 内容もそうですが、その挨拶の仕方にも気をつけましょう。というのも文章だけで見れば問題がないと思うものも言い方変えるだけで相手を安心させたり不快にさせたりすることがあります。

 

 特に40代となると自分より年下の人間には言葉の節々に相手を見下しているようなニュアンスが出てしまいがちとなります。人間は感情豊かな生き物なために、そうした不快感を表すような内容には結構敏感なのです。

 

 その言い方が大丈夫かどうか、これに関しては自分では分からないということもあるので誰かにアドバイスをしてもらった方がいいかもしれません。

 

 ただ、家族や友人の場合は慣れているので甘めな判断になるということもあります。よって過信はしない方がいいでしょう。

 

 

関連記事

 

 


 
TOP 40代の転職スケジュール おすすめ転職サイト