試用期間とは何か?という疑問とともに知っておきたい試用期間の重要なポイント

本採用前の適性判断期間

 

 もしかしたら、あなたが就職した時とは入社直後の会社との関わり方は変わっているのかもしれません。それが感じられるのが試用期間ではないでしょうか。

 

 40代のあなたでも、もし未経験の業種や職種等に転職するのであれば、必ずと言っていいほど試用期間を経ることになります。これは、本採用前に、あなたがその業種や職種、加えて企業そのものに適性があるかどうかを判断するための期間です。

 

 判断をするのはもちろん企業。あなたは与えられた仕事を全うすることを第一に考えなければなりません。その上で「適性あり」と判断されれば、無事、本採用となるわけです。

 

試用期間についての間違った認識

 

 本採用前の適性判断期間である試用期間。しかし、“試用”という言葉が一人歩きし、どうもこの制度に間違った認識を持っている人も多いようです。採用する企業側も例外ではないでしょう。

 

・企業は試用期間中であれば、すぐさま従業員を解雇することが可能であり、その権限が与えられている
・試用期間中は、企業は従業員に対して社会保険等に加入させる義務はない
・試用期間中は、最低賃金を下回る給与で働かせることや、手当無しのサービス残業等も許される
・事前に契約等にはない業務を、試用期間中に限っては与えることが許される

 

 これらは全て間違った認識。例え試用期間中であっても、上記のようなことは許されていないため、そのあたりの知識を持った上で転職を試みなければなりません。

 

納得いかないことにはしっかり抗議

 

 実際に転職に成功し試用期間として働くことになった時、もし上記のような問題が生じたら、必ず抗議するようにしましょう。抗議というと少し強い言い方ですが、最初はやんわりと相談する形の方がいいかもしれません。それでも企業側が無理矢理押し通そうとする、無視する、結果、改善が見られないのであれば断固抗議すべきです。

 

 未経験の業種や職種へと転職すると、「これが当たり前なのか」と思いがちですが、そう思い込まないことが重要。法的に問題がある対応や待遇であった場合には堂々と抗議した方が、あなたの社会人人生にとってはプラスとなるはずです。

 

 

関連記事


 
TOP 40代の転職スケジュール おすすめ転職サイト