地元の同級生の会社に転職/40歳男性

/40歳男性
SE
営業マン
リクナビNEXT

 

 

 

 うちの会社は日本全国聞いたことがない人はいない、という位の大きな家電メーカーです。以前はすごく景気もよくバンバン工場を建て、テレビや携帯電話などに手を伸ばして業績を上げていました。

 

 その頃はボーナスもよかったですし、この会社に入れてよかったこの会社にいることの誇りでいっぱいでした。しかし雲行きがおかしくなったのはつ数年前です。どんどん事業部が縮小や解散になっていきました。

 

 退職する人を募り、去って行く同僚はたくさんいましたね。遠くの工場に転勤になるものもいました。僕はその中の一人になってしまったんです。

 

 うちの事業部は完全になくなってしまったからです。転勤先は九州。家族で話し合った結果、転職を決めました。

 

 過去に僕は割とバイト経験がすごくあって、色々な業種で働いたことがあります。どちらかというとモノを売るのが得意なんじゃないかな、って自分でもずっと思っていました。

 

 ですから、転職するなら営業マンだなって漠然と思っていましたね。そのために営業マンに関する本などを転職活動中に読みました。

 

 

 

 

 転職の経緯ですが、中学時代の友人に会社をやっている人がいて、営業マンを募集しているけどなかなか集まらないってフェイスブックに書いてあったんです。それでダメモトでこちらからアプローチしてみました。

 

 もし決まったら地元へ戻れるし、面接だけでもしてくれないか、と。すると即オッケーで面接、採用に至りました。本当にラッキーとしか言いようがありません。


 
TOP 40代の転職スケジュール おすすめ転職サイト