40代転職の進め方

精神面を求める企業

 

 ブラック企業を見分けるために、注意深くありましょう。40代の方も他人事ではありません。ブラック企業に入社してしまう恐れがあると認識し、そうならないような対策を事前に立てておかなければならないのです。

 

 転職希望者に精神面を強く求める企業は、かなりの確率でブラック企業です。転職希望者には普通、知識や技術、あるいはそうしたものを含めた経験などを求めるもの。

 

 そうではなく、求人でも面接でもホームページでも精神面を求め、それを全面に押し出してくる企業は、経験云々よりも精神面の強い人からの応募を望んでおり、それによって過酷な労働条件を耐え抜いてもらおうという考えがあると思われます。

 

 

離職率はできる限りチェック

 

 今ではインターネット等で各社の離職率をチェックすることも可能になってきています。全ての会社のチェックはさすがに厳しいですが、応募するつもりの企業の離職率が載っていないかどうかはチェックしておくべきでしょう。

 

 大事なのは離職の数ではなく率。大きな企業であれば離職数もかなり多くなると考えられるので、離職率によってブラック企業かそうではないかを判断するようにしてください。

 

 ただ、あまりこの数字に敏感になり過ぎて、最も離職率が低い会社と比べようとし、少しでも数字が高めだとブラック企業であるなどと判断してはいけません。
 あくまでも企業全体で比較し、また、業種・職種も考慮した上で判断することが求められます。

 

 

“未経験大歓迎”なのに給与が高い

 実際に応募する前に、もうひとつブラック企業か否かを見分けるためのポイントを知っておきましょう。

 

 求人に“未経験者大歓迎”と書いてある場合、どの程度の給与なのかを必ずチェックし、そこに違和感がないかを確認しておいてください。

 

 未経験者を大歓迎しているにもかかわらず、給与が非常に高い場合には、これもブラック企業であることを疑わざるを得ません。そんなオイシイ話は世の中に転がっていないからです。

 

 経験者なら経験者なりの、未経験者なら未経験者なりの給与水準というものがあります。その範囲を極端に超えていないかを見れば、ブラック企業かどうかも見分けられるはずです。

 

<関連記事>

続きを読む≫ 2015/12/04 16:16:04

離職後、すぐに職が見つかるとは限りません

 

 確かに、在職中に転職活動をするとなると、時間の制約が気になり動きにくいと感じるかもしれません。しかし、離職後にすぐに次の職場が見つかるなんて、そんな楽なものではないのが転職というもの。

 

 しかも、あなたはこれまでのキャリアとは異なる仕事を探そうとしているはず。未経験の人が転職をするというのは、経験者が転職するのと比べればはるかに困難でしょう。もしかしたら何年も次の職場が見つからないままかもしれません。

 

 となると、離職後であればよほどの妥協が必要となり、自分で自分の首を絞めるような転職にもなりかねないのです。

 

じっくりと仕事を探せるのは在職中

 

 時間が豊富にあれば、じっくりと仕事を探せるとは限りません。それも転職の罠のようなもの。在職中は時間がない、その感覚を持っていると痛い目に遭います。

 

 在職中であれば仕事を失うことがないので、その分、プライベートの時間を削りながらではありますが、じっくりと正しい目によって企業の選別等を行うことができるはず。

 

 未経験の分野に飛び込むのであれば、自分に何が合っているのか、本当にそれが自分に合っているのかなどを考えなければなりませんが、退職後にそれを考えようと思っても、仕事をしていないという状況が自らを追い込み、合っている・合っていないという判断を鈍らせる可能性があるのです。

 

 じっくりと仕事を探すことができ、且つ、正しい判断ができるのは明らかに在職中。間違いないでしょう。

 

確実性を求めるなら在職中なんです

 

 以上のことから、確実性を求めるのであれば在職中の転職活動に軍配が上がることがわかります。

 

 転職活動を経験する前は、みな、離職してからの方が活動がしやすいと思うもの。しかし、実際に転職活動を経験した人は、そのほとんどが、「在職中に活動を始めておけばよかった」とか、「在職中に転職先を決めてしまえばよかった」などと思うものなのです。

 

 転職に失敗したくないなら、とりあえず離職前に活動を始め、その状況次第で再び離職するかどうかを検討してみてはどうでしょうか。

 

 

関連記事

続きを読む≫ 2015/10/30 12:42:30

まずは人生設計から始める

 転職をするとなると自分を取り巻く様々な環境が変わることになります。特に40代で初めて転職をするという方は今まで働いてきたところからの環境が変わるので、それに適応していかなければいけません。

 

 そのためにはまず自分の人生設計をするところから始めなければいけません。転職で環境が変わるところでどのように生活をしていくか、仕事をしていって将来的にはどういう風にするべきか考えていく必要があります。

 

 何か資格や免許が必要となれば、それがどのように転職に左右し、どうすれば取得することができるのか、人生設計をする目的としてはこのような確認をするためのものでもあるのです。

 

 

効率のいい流れを作る

 転職活動の流れとしては活動するための前準備をして、そこから求人探しや企業の情報を収集し、応募して採用されるまでそれを繰り返すことになります。

 

 といってもこれは大雑把に書いたものであり、その内訳としては様々な活動内容が含まれていることになります。

 

 そこで40代で転職したいのならその流れを自分が活動していく上において効率のいいものにしたいです。もはや口をすっぱくして言われていることですが、40代の転職は厳しいものです。

 

 簡単に行くものではありません。だからこそ多くの企業に、いい企業に巡り合う機会を増やすために、効率よく活動を進めていくことができる流れを自分で作ることが大事なのです。

 

 どれが効率かいいかはその人のスタイルにもよります。管理能力が求められる40代だからこそこのような状況でその効率のいい流れというものを考えてみましょう。

 

 

関連記事

 

 

続きを読む≫ 2014/11/25 14:15:25

思い立ったらすぐ始める

 40代の転職は不利ですが、更に年齢を重ねてしまえば尚のこと不利となります。

 

 そうなれば転職活動をしたいと考えた時ことが転職活動を始めるには十分なタイミングであるといえるのです。

 

 40代となると大分身体的にもガタが来ている頃であり、それを考えると転職活動も長期戦になる可能性が高いです。

 

 場合によっては今している仕事の関係で、体調の関係で転職活動を一旦止める、もしくはできない状態になることもあります。

 

 だからこそ転職を考えたらそれがもう行動を始めるタイミングです。

 

 

転職活動をする前準備

 転職活動をするといってもいきなりやったところで成功する確率は限りなくゼロに近いです。40代ともなれば何かするときにあらかじめ前準備をする必要があるということは理解していることでしょう。

 

 よってまずは転職活動のための前準備をする必要があります。転職活動を本格的に始めるタイミングの1つとしてはこの前準備がしっかりとできた時です。

 

 転職について、企業について、必要なものについて…様々な情報を仕入れていくようにしましょう。そしてその際には本当に転職をするべきかどうかの判断をするのも大切となります。

 

 

関連記事

 

 

続きを読む≫ 2014/11/25 14:14:25

昔よりはあるが未だに低い40代の市場価値

 一昔前は転職の限界ともいえる年齢が35歳と言われていました。それを考えれば40代はもはや転職をするのを考えること自体無謀ともいえるのです。

 

 しかしそれも社会情勢の流れにより変わってきて今では40代の市場価値は大分上がってきたため昔に比べるとチャンスは多くあります。

 

 しかしそれでもあくまで昔に比べると上がってきたというものなため、以前30代以前の人間に比べると厳しいというのが現実となっています。

 

 

自分の価値を主張することが大事

 市場価値の問題もあって40代で転職活動をしても二桁、酷い場合には三桁の企業に面接にいっても駄目だったという人もいるでしょう。

 

 その一方で二桁に行かずとも転職できる人は存在するのです。確かに40代の市場価値は低いものですが、実際に転職活動で決め手となるのは市場価値ではなく「自分の価値」です。

 

 何故なら企業によっても結局はどういう人材が欲しいかというのは変わってきて、そこに40代も選択肢に入ることがあるからです。

 

 もちろん価値を上げるには企業に貢献できると思うキャリアを示さなければなりません。市場価値は社会全体で見たものです。そこで落ち込まずに自分の価値を示して相手に必要性を持たせることが大事です。

 

 

関連記事

 

 

続きを読む≫ 2014/11/25 14:13:25

 
TOP 40代の転職スケジュール おすすめ転職サイト