40代転職者の市場価値は

昔よりはあるが未だに低い40代の市場価値

 一昔前は転職の限界ともいえる年齢が35歳と言われていました。それを考えれば40代はもはや転職をするのを考えること自体無謀ともいえるのです。

 

 しかしそれも社会情勢の流れにより変わってきて今では40代の市場価値は大分上がってきたため昔に比べるとチャンスは多くあります。

 

 しかしそれでもあくまで昔に比べると上がってきたというものなため、以前30代以前の人間に比べると厳しいというのが現実となっています。

 

 

自分の価値を主張することが大事

 市場価値の問題もあって40代で転職活動をしても二桁、酷い場合には三桁の企業に面接にいっても駄目だったという人もいるでしょう。

 

 その一方で二桁に行かずとも転職できる人は存在するのです。確かに40代の市場価値は低いものですが、実際に転職活動で決め手となるのは市場価値ではなく「自分の価値」です。

 

 何故なら企業によっても結局はどういう人材が欲しいかというのは変わってきて、そこに40代も選択肢に入ることがあるからです。

 

 もちろん価値を上げるには企業に貢献できると思うキャリアを示さなければなりません。市場価値は社会全体で見たものです。そこで落ち込まずに自分の価値を示して相手に必要性を持たせることが大事です。

 

 

関連記事

 

 


 
TOP 40代の転職スケジュール おすすめ転職サイト