40代にとっての悪い求人とは

まずは基本的なところから悪いかどうか判断する

 40代にとっての悪い求人を判断する前に、まずは全体で見て悪い求人がどういうものかを確認するといいでしょう。

 

 まずは当然のことながら書かれている情報が全体的に少ないことです。こうしたところは情報を少なくして雇用条件を誤魔化すか、求人を出すのに慣れていないか無頓着のどちらかです。

 

 求人情報は一種のその企業経営を見る資料ともなります。求人情報も碌に書けない企業は先が長くないともいえます。

 

 他にも書かれている情報の中で明らかにおかしい、矛盾があればそれも悪い求人です。その企業の経営自体も矛盾だらけであり、支離滅裂であると見ることができるからです。

 

 とにかく書かれている情報からそれらを分析して判断するのがポイントです。40代となれば書類を見る力も問われるため、この求人という資料を読み解く力は身につけておいて損はないでしょう。

 

 

40代でのよくない求人は

 基本的に40代はそのキャリア自体を求めるか、管理能力、誰かを指揮する力を求めるかのどちらかとなります。

 

 そのどちらも求人に書かれていない場合には40代は求められていないということになります。

 

 また別の職種を求める人は未経験の求人を探すことになりますが、その未経験の求人でも他の情報によっては暗に「中高年は求めていない」という情報を分析することができます。

 

 探していけば40代にとっては本当に悪い求人だらけとなります。それを考えると明確に情報が書かれていない求人は避けた方がいいともいえるでしょう。

 

 

関連記事

 

 


 
TOP 40代の転職スケジュール おすすめ転職サイト