40代未経験でもチャレンジに向け一考の価値あり

40代未経験でもチャレンジに向け一考の価値あり

 40歳で未経験職種あるいは未経験業界への転職…となると、やはり採用の壁は高くなります。それならばこれまで培った専門職能をさらに活かすことを考えた方が得策のような気がしますが、恐らく人生最期の転職の機会です。

 

 やり残し感を引きずらないためにも、この機会に是非ともチャレンジしたい!! といった気持ちも分からないではありません。そういった方の少しでも励みになればと思います。

転職不可能という壁の隙間には…

 

 

 

 ネットに「40歳未経験で転職は、できるでしょうか?」という記事がアップされています。これに目を通すとまず「不可能」の文字が飛び込んできました。40歳の転職となれば中途採用になるわけです。

 

 採用側は当然のごとく即戦力を求めています。40歳であれば豊富な経験とハイレベルのスキルを保有しているのが自然で、“40歳なのに初心者”というのでは“大学生なのに小学生”と同じように、なんだかわけがわからなくなってしまって、そんな面倒くさい人材に目もくれて貰えません。

 

 

 何より採用側の目的である即戦力にはなり得ないわけですから、やはり40歳で未経験分野への転職は不可能と考えるべきなのでしょうか? 記事では「かなりのタフさが必要…」とも書いていますが、タフ云々の問題ではないでしょう。ですが、力仕事という意味でのタフさなら、一考の勝ちはありそうです。

 

 つまり、郵便局や宅配便の荷の取扱業務や荷の配送、市場等での商品の運搬等は未経験者でも採用される可能性は大いにあります。このように転職不可能という壁の隙間にある職種によっては未経験者でも転職が可能なものもあるのです。

 

 

 

挑戦しなければ達成はない

 

 

 しかし、会社都合でリストラされた方は特にですが、生活を支えるためにはやはり正社員で採用されたいと思うのが普通の考えです。ここで大切なのは、挑戦する前から壁をつくらずにまずは挑戦してみるということです。そうしなければ“採用”結果は生まれる筈がありません。

 

 しかし同時に、転職活動に多くの時間を費やすわけにはいかないというのが通常でしょう。ですから挑戦心、冒険心だけでは、成果が出るのは少し先の話になるかもしれないという懸念があるのも事実です。そうなると一番困るのは生活費です。このためにも一日でも早い転職が望まれるわけです。

 

 

 しかしこういった経済面の負担を軽減し、且つ未経験分野の知識や資格等が得られる職業安定所による支援制度を利用することができれば、不可能の壁がどんどん低くなってきて、40歳でも未経験分野への転職の可能性が高くなってくるのです。とはいえ、世の中やはり実践での経験がもっとも重視されるのものです。

 

 ですから、始めから正社員という形ではなく紹介予定派遣とか、正社員登用の途あり、の求人案件から入って、そこから実務経験を積む方法もあるということを視野に知れて転職活動すると、40歳で未経験分野への転職に可能性は更に広がっていきます。

 

<人気ページ>
20代の転職|人気求人情報サイトランキング
20代の転職にはまず情報が大切です。そのため、ここには転職に必要な情報が揃っていて、疑問も解決できます。
xn--20-1b4aw96kg25czcs.com


 
TOP 40代の転職スケジュール おすすめ転職サイト